プロとアマチュアのデザインの違いについて

デザインを作る事自体は難しくない

デザインというのはそれ自体はそこまで難しいものではありませんから、アマチュアでも作ることはできます。

最近は優れたデザイン作成ソフトがありますし、絵を描くわけではありませんから絵が描けなければデザインができないというわけでもありません。

シンプルでわかりやすいものが求められる部分もあるので、難易度だけで言えばアマチュアもプロもそれほど大きく変わるものではないのです。

しかし、広告としてデザインをする時にはプロとアマチュアでは大きな差が生まれるものであり、デザインの知識の有無によって仕上がりは大きく変わってきます。

 

デザインとコンセプト

デザインは見た目だけでなくコンセプトも重要

アマチュアの場合には単純にデザインだけを考えて作りますが、プロの場合いにはコンセプトからそのデザインを使う場面を想定して作ります。

アマチュアの作品は一見するとよくできているように見えても、コンセプトが伝わりにくかったり広告に掲載をしたときに見栄えがあまり良くないということになりがちです。

それに対してプロの作品はパッと見ではアマチュアの作ったものと大差ないように見えますが、伝えたいものをしっかりとデザインの中に内包していて、さらに広告に掲載をしたときに映えるような仕上がりのものを作ってきます。

単体で見ればプロもアマチュアも大きな差がなく見えたとしても、実際に活用をする場面でプロとアマチュアでは大きな差が生まれることになるのです。

必ずしもアマチュアが素晴らしいデザインをすることができないということはなく、その人のセンスの問題ですからアマチュアでも素晴らしいものができることはあります。

素晴らしい物ができることもありますが、それはあくまでも偶然であり確率の高い方法ではありません。

やはり、デザインの知識を持っているプロには叶うものではなく、正しい知識と技術を身に着けたプロというのは伝えたいことをしっかりと伝えることができるデザインをしてくれるので、何かのデザインをする時にはプロに相談をするのが確実な方法だといえます。