グラフィックデザイナーの仕事の魅力を知りたい

セールスプロモーションを行ったり広告を打ち出す理由は、企業などが販売促進を目指しているサービスや製品をより多くのユーザーに届けるといった理由や、情報を理解しやすく魅力的にお伝えするためです。そのような目的を持っているコンセプトやテーマを格好良いイメージや、美しいイメージで仕上げるのがグラフィックデザイナーです。世間一般のイメージは華々しいお仕事の代表格といったものですが、実際にはたった一つのセールスプロモーションや広告を完成させるために、非常に多くの段階を地道に踏んでいきます。初期段階ではコピーライターをはじめとするスタッフ達と企画書を作っていくのですが、企画書の時点で度重なる修正を行いますし、渾身の企画が不採用になる事も稀有ではありません。プレゼンテーションが通過すればようやくグラフィックデザインが開始されるのですが、製作途中にも度々開かれるスタッフ同士に会議にて修正がかけられたりやり直しが入る事も多いです。

グラフィックデザイナーの苦労

このように多くの苦労をした後にようやく完成を目指していたグラフィックデザインが仕上がりお客様に対し納品されるため、言わずもがな楽なお仕事ではないですしグラフィックデザイナーの華々しい印象とは裏腹に泥臭さすらあります。しかし、自分が持っているセンスや技術がふんだんに作品に盛り込まれて唯一無二の個性が溢れているセールスプロモーションが完成するのは、それまでの苦労を感じさせない程の喜びとやりがいを覚えますし、納品後は充足感と安心感に浸る事ができます。大変なお仕事ではある事は間違いのない事実ですが、グラフィックデザイナーは他のお仕事では得られない2つの喜びが得られます。一般的なお仕事の場合では、自社が手がけている製品をユーザーに購入して頂けたという1つの喜びしか感じられないですが、グラフィックデザイナーではウェブサイトやポスターなどを目にした方の心を揺さぶるという事の他に、ウェブサイトやポスターを目にした事がきっかけで製品購入に至るという2段階の喜びに浸れるのが魅力です。