グラフィックデザイナーの仕事と魅力について

グラフィックデザイナーは人気が高い職業です。グラフィックデザインはデザインを通じて情報を広く伝達する表現手法です。新聞や雑誌、ポスターの広告デザインはよく知られています。パンフレットや店で使う看板もグラフィックデザインになります。グラフィックデザインの制作を行う人をグラフィックデザイナーと呼びます。グラフィックデザイナーの仕事に魅力を感じてプロになるための専門学校で学ぶ人も多いです。華やかなイメージがある職業ですが競争が激しい世界なので、精神的な強さも必要になります。グラフィックデザイナーになるには特別の資格は必要ないですが、広告をデザインするための知識がないと仕事にならないです。

デザイナーはデザイン力だけではなく、コミュニケーション力も必要

美的センスは必須で、クライアントや周囲のスタッフとのコミュニケーション能力も重要です。デザインを依頼したクライアントが納得しない場合は修正が必要になります。何度も修正して仕上げることもあるので、デザインのセンスはもちろん根気も必要になります。グラフィックデザイナーとして働く場所は人によって様々です。専門学校を卒業してから広告代理店やデザイン事務所、広告制作会社などに就職する人もいればアルバイトから経験を積み契約社員や正社員になる人もいます。経験を積んだ後にフリーランスとして独立する人も多いです。優秀なグラフィックデザイナーになるには常に感性を磨いておく必要があります。さらに実務経験を積むことによってデザインのスキルも向上します。PhotoshopやIllustratorなどのソフトが使えると便利です。グラフィックデザイナーはチームで作業をすることも多く、クライアントが持つイメージを打ち合わせを重ねることで具体化していきます。デザインには流行があるので常に新しい情報を収集する努力も大切です。グラフィックデザイナーとして成功するには、これまで培ってきた能力と新しい時代の流行を真っ先につかむ積極性が必要になります。