グラフィックデザイナーのやりがいとは

グラフィックデザイナーは洗練されていて華やかなイメージが持たれやすいのですが、実は自分との戦いでありストイックに地道に努力していかなければなりません。

広告代理店に勤めていれば会社からの業務を進めていくことになりますが、将来的な事を考えると自分を売り込んでいき、独立できるデザイナーになる必要があります。

つまり、デザイナーというのは会社に属していたとしても、依頼に対して行った作業が直接自分の元に返ってきます。

ただし、そうした点が負担に感じるというわけではなく、目に見えて自分の成績や実績が伸びていき、活躍できるフィールドが広くなっていくのがやりがいにも感じられるのです。

そうした点から、一般的な会社員の場合は良い仕事をしても会社の評価が高まるだけですが、デザイナーは自分に戻ってくるので褒めて頂ける上に何らかの栄誉ある賞を受賞し、著しくデザイナーとしての知名度が高められることもあるほどです。

また、自分が手がけた作品がメディアや販促物として人々の手に取ってもらえることは、社会貢献活動が行えているという実感が強く感じられて、とても嬉しい気持ちになるものです。

実は、デザイナーとして活躍されている方々の中には、料理人に対して尊敬の念を抱いている方が多いです。

その理由は、自分が持つ感性を頼りにして届けた物がお客様に喜んでもらえるという経験が心地良く感じられるためです。

グラフィックデザインは国境を越える

広がるグラフィックデザインそして、世の中のお仕事はインターネットが普及したことによりグローバル化していますが、デザイナーは言語の壁をもろともしないという魅力があります。

プランナーやコピーライターは同業者と言っても過言ではないほど近い距離感にありますが、デザイナーが発表するものは言葉ではなく感覚を頼りにしているものなので、お互いの言葉を理解していない間柄でもコミュニケーションを図ることが可能です。

広告に自分のアイディアを落とし込んで表現できれば、世界を股にかけて仕事場にさせられるのが大きなやりがいです。

グラフィックデザインが与える効果・影響

グラフィックデザインが与える効果や影響というのは軽視されがちですが、上手く活用すれば非常に大きな効果を期待することができるので、軽視する訳にはいきません。 人間というのは言葉や文字で何かを伝えられたとしても、それをスムーズにイメージをすることができないことは少なくありません。

デザインの良し悪しは写真で決まる?

デザインの良し悪しは写真一つですべてが決まってしまうわけではありませんが、影響が大きいのは事実です。 素人が撮影をするのとプロのカメラマンに依頼をするのとでは、できあがった写真の品質というのも大きく変わってきますから、売上を伸ばしたいと考えている人はプロに写真を撮ってもらうことも検討してみると良いでしょう。

プロとアマチュアのデザインの違いについて

デザインというのはそれ自体はそこまで難しいものではありませんから、アマチュアでも作ることはできます。 最近は優れたデザイン作成ソフトがありますし、絵を描くわけではありませんから絵が描けなければデザインができないというわけでもありません。 シンプルでわかりやすいものが求められる部分もあるので、難易度だけで言えばアマチュアもプロもそれほど大きく変わるものではないのです。

広告制作会社の役割とは

広告制作会社とは簡単に言うと企業が必要とする広告を作る会社と言えます。役割としてはクライアントが望む結果を出すために、サポート・サービス提供することが基本です。対象となる存在(商品や人・マスコットキャラクターなど)をアピールするために必要な、デザイン制作も行うことができます。また、クライアントの依頼に対して、どういった広告やデザイン、イメージを作るのか、担当者達が企画して、オリジナルな広告(商品)を生み出します。

デザインの依頼・提案

チラシ作成のASOBO DESIGN

ロゴマーク作成料金

ロゴデザインの依頼はLOGOLO

パッケージデザイン 制作

ラベル・パッケージのデザインはPACK LABO